みつばちとかえるとけむしとわたし。
a0126544_19482883.jpg

まだ娘がお腹に居た頃
身体が重いし除草剤も撒けないし
大変なんだと夫に愚痴っていたら
仕事の効率化を重要視する夫からは
「草をアートに見せるとか
草刈りしなくても良い方法を考えたら?」と返される。

わたしはその言葉に反感を覚えるも
逆に感心もしたのだが
あれから2年経った今でも
凡人のわたしには草を材料に
表現する発想など浮かばず
やはり気分が乗った日に
草むしりに精を出すことしか出来ない。

ただ、今日は植栽の下に広がる
野生花畑が可愛かったので
あえて残してみた。

草を一心不乱にむしる、わたしの横では
蜜蜂がせっせと蜜を集めて居たし。

近年、蜜蜂が減少していると聞くし
bacoでもお付き合いのある
蝋燭の作家さんも蜜蝋の価格が
ここ数年間のうちに1.5倍になっていて
苦しいと言っていたし。

そんな色々なコトを考えていたら
あっと言う間に雷が近づいてきて
空が暗くなり、雨が降ってきたので
草はまだ生え放題だけど
今日のところは引き上げ
また気が向いたら精を出すことにする。
[PR]
by roundseason | 2014-05-01 19:00 | life
<< 散歩路。 timeless >>