<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
てばなす よろこび。てばなす さみしさ。
a0126544_19443297.jpg

だいすきだった。
でもいまはもうない。

hello hello clothing の
used を re make した
エプロン。

1枚1枚, 手元に残しておきたい
aji のある布たち。

たとえお嫁に行き
はぐれたとしても
そのときにはわたしが
大切に着るからね。

なんて未練たらたらで。
作り手失格なわたし。

でもそのくらい愛をこめて...
[PR]
by roundseason | 2011-02-26 20:14 | catacata
風がはこんでくるもの。
a0126544_1845667.jpg

きょうは春。

うれしくて
家じゅうの窓を
開け放って。

おっとりとした風が
吹きこんで
部屋のなかの
すずめさん風鈴の
やさしい音色が。

だいすきな季節。


ところがおかしい...。
花粉症?

くすりを飲んだものの
頭が痛くなる。

これはいかん。と
花粉症の母のために
先日買っておいた
べにふうき茶たるものを
自分のために開封。

効果はまずまず。
症状のあるかた、
おすすめしておきます。

おだいじに。
[PR]
by roundseason | 2011-02-25 18:51 | round season
舵取り。
a0126544_1353044.jpg

船の舵取り。を連想させる
handle。

てへへ。って
話しだしてみたこって。

butter dog に自分を染色して
もりあげてみる日々。

のんびりmodeから
なめらかmodeへの追い込み。

2がつも残り8日。
2,3日足りないことに
こんなに困ったことはない。

仕方ないから
眠る時間を削る日々...
[PR]
by roundseason | 2011-02-20 14:10 | time
森のくまさん。
a0126544_1371333.jpg

ちょっとしたことで
季節の変化にきづく。

そんなとき
生きものだぁ。と、つくづく。
思ったりする。

............................................

◇ しろい貝殻のちいさなイヤリング ◇

森のくまさんの
このフレーズが
子供の頃から好きだったから
imageをかたちにして。


今度はそのくまさんが
春の森の花を摘んで
おんなの子のために
こしらえた。

なんていうのはこじつけで...
ほんとうは冬眠から
目覚めたくまが作った
風をうけてふわっと揺れる
hoop pierce。

いろとりどりの絨毯の季節。
待ちどおしいな。
と、思いながら。
[PR]
by roundseason | 2011-02-18 02:39 | catacata
喩えるならこんな世界。
a0126544_23342361.jpg

彼とふたりで思い描いた未来に
もうすぐ手が届く。

それなのにここまできて
不安になるわたし。

のろまで臆病もののわたしは
ゆめと現実の境界線で
たちつくしてしまう。

ただ手が届いたからって
おわりじゃないことはわかってる。

ここから先。眩しくて
長い日々が待っている。...はず。

音楽がそばにある暮らし。
rhythmにのって
身のこなしも軽くなるかな。

いま super butter dog の
rainywayを聴いている。

hatがここちよくて
溶けてしまいそうな気分。

彼にこんな曲やってよ。
と、ねだってみた。
.......................................


[PR]
by roundseason | 2011-02-17 23:55 | about baco
anemone
a0126544_11325055.jpg


由来が「 風 」と
きいてなおさら
心, 掴まれてしまった。

おひさまのrhythmで
むすんでひらいてを
くりかえしている。


雪もすっかり溶けて...
きょうは
あばれん坊の
あの子に
あいにいくんだ。
[PR]
by roundseason | 2011-02-13 10:40 | butu goto tubu
縞々のcanvas。
a0126544_1743495.jpg

窓の向こうは
しろい世界。

blindがつくる縞々。

お月さまみたいな
まんまるlightが
浮かんだように
写りこむ窓のcanvas。

ふと。手をとめてしまう。

ここで暮らして2ねん半。

桜が咲く頃には,ここを
離れることになっている。

あたらしい住まいでも
ふと。手をとめてしまうような
canvas。つくれるかな。
[PR]
by roundseason | 2011-02-11 17:29 | life
おとなになってからの遠足。
a0126544_332055.jpg

2/6
ちいさな遠足の日でした。

おんなのこ
ちょうど10人。

1日で10,000歩くらい
歩いたおかげで
じわじわくる足の倦怠感。

楽しかった,この日が
終わってしまう
さみしさから
妙に頭だけさえて
眠れない夜。

束の間の夢のひととき。
この思い出を糧にまた
あしたからがんばろう。
[PR]
by roundseason | 2011-02-07 03:14 | time
ない。ない。ない。
a0126544_914246.jpg

2/4
明け方。まだ景色は灰色。

わるい夢をみているような
できごとで目が覚める。

今年はどちらの暦のはじまりも
なかなかおいしくない。

でもこの,あと味を残したまま
1にちをおわらせたくない。
と。午後はわたしも彼も
軌道修正に走り回った。

そのなかでふたりとも収穫をして
それぞれ帰ってくることができて
この暦のお正月はめまぐるしくも
わすれられない1日に。

そのなかでわたしは
みえない糸でつながった
めぐりあわせを知る。
......................................

さいきん。時間ってCALPIS
みたいだと思う。それは
自分しだいで濃くも薄くもできて、
今のわたしは少し濃いめなだけの
CALPISでたびたび目眩をおこす。

これからもっと濃縮した原液に
ちかづいていくまでの
入り口でしかないのだから、
もっともっとつよくなって
どんなに濃ゆいCALPISでも
おいしい。と、笑いながら
すごしていきたい。
[PR]
by roundseason | 2011-02-05 10:20 | life